FC2ブログ

見えてきたぞ……!

  • 2018/03/11(日) 09:52:08

 非常に根本的な問いかけになるけど、
トップビューのRPGと言えば何が不可欠だと思うだろうか。

 言い方を変えれば、
これがなかったら「RPGというか、別のヤツだよね」と
言いたくなるものはなんだろうか。

 個人的にそれと感じるものは、
一つに成長の要素。
加えて、成長したことを確かめる要素(ベタだと戦闘)。
最後に版図の拡大。

 これらがあると「あぁ、RPGだなぁ」と思うし、
戦闘がないだけで「アドベンチャーじゃないか?」と
言いたくなるだろう。



 ここからが非常に重要な話になるけど、
じゃあRPGのシナリオを作って下さい、となった時
ジャンルをどうするか。

 ベタに作っていくとなるとジャンルは王道で行こうと、
王道モノ=世界救済モノ とパッと浮かぶけど
上で挙げた3つの要素を思い出してほしい。

 世界救済≒版図の拡大が
「前提要素」としてRPGに包括されていないだろうか。

 そう、今ここで自分が言いたいのは、
「RPGシナリオのジャンル」として定義すべきところが
根本的にズレていたのではないか、ということなのだ。



 もう少し踏み込んで語ると、
「何によって成長し」(加えて、成長とは何か?)
「何によって戦い」
「何によって版図の拡大をするのか」

 究極的なところを加えると
「どのような行為で相手と対立していくのか」
これこそがRPGに付け加えるべきジャンルだろう。

 この要点こそが主人公の勘所であり、
「あぁ、この作品ってこの主人公じゃないとダメだよな」と
言わせるには、これが通底していて
なおかつ主人公の特性に合致していないと厳しい。

 主人公をよく作り込み、さらにこれらの点を
しっかりと抑えながら整えて……
加えて周囲のキャラクタや世界を練り込んでようやく
「主人公が動いているぞ」というシナリオになってきた。

 ここらへんが全く見えていなかったから、
出てきた問題に対応する人がたまたま主人公だなぁ、
という印象を回避できず、とても悩んでいた。

 あとは安易な作り方をしなければ大外しはしないだろう。
具体的には色々あるんだけど、しっかり書けば書くほど
炎上するかもしれんから言わない笑

 加えて欲を言えば、ゲームならではの
プレイヤーとキャラクタの関係性をしっかり掴みたい。

 むしろそこを抑えなければ、いまさら古典的トップビューの
RPGを作る意味なんてのはないと感じるのだ……!