FC2ブログ

よろしく2018年

  • 2018/01/01(月) 06:55:53

 昨年12月にこみあげていた憎しみや苦痛は、
焦りからきていたことをようやく理解できた。
何に由来しているかがわかれば、もう怖くない。

 私的な話になるのであまり多くは語らないけど、
ある時期までに完成させてヒットさせられたら
人と会う時にいいカッコができると意気込んでいたのだ。
これが焦りに繋がっていた。

 だからこそ今年の目標は、社会的な変化を求める気持ち、
そこに向ける熱量、スピード感を極限まで削ぎ落とす。

 もちろん目的はそこを削ぎ落とすことではなくて、
歩みを進める時の、その感触を味わうことにある。

 もっと踏み込んで言えば、何を作りたいかよりも
何を感じたかをより考えるだろう。

 それも積み重ねて答えを見つけるのではなく、
直観で答えを掴み、その理由を思索で明らかにする……
その中の掴むというプロセスに時間をかけたい。



 また、構造面に関しての思索はほぼ終わっていて、
あと残すところは最後の最後、物語上における変化は
具体的にどのようなものか……ということぐらい。

 死ぬほどの難問だけど、とりあえずこれはさておき
作る上で大切になる点を先に考えたい。

 ここからのキーポイントは、主人公の何を広げていくか。
構造面の、もう少し踏み込んだところへの
アプローチをかけていきたいと思う。

 いろいろな作り方はあるけど、お話の構造を考えて
それが主人公に合うかどうかを考証していくのは、
自分の場合はナシにしたい。

 あるいは、主人公に対しての認識を深めていって
それに合うお話を考えるとかも何かが違うように思える。

 これはとても曖昧で誤解が生まれるだろうから
あまり多くは言えないけど、どうにも上の作り方だと
主人公が広がっている感じがしない。

 成長するとしても、広がるではなく
お話の中で成長を与えられた感じを覚える。

 お話云々以前から主人公に備わっている何かを広げ、
その道筋として便宜上、お話だとか
あるいは動機だとか言うべきだと思うけど、
じゃあ何を広げていけばいいのか、
今これをじっくりと考えている。

 インプットと瞑想の往復になるだろうけど、
まぁ焦らずにやっていこう。