FC2ブログ

おおみそか

  • 2017/12/31(日) 22:49:54

 今年はひたすら勉強と思索の年であった……!
体感的には、目先の数年を捨てて
しばらく先の数十年をひろったように思える。

 あんまり言い訳をしてもしょうがないけど、
ビギナーのうちはそれでいいと割り切っている。

 例えばの話で……
「自分は小説が好きでたくさん読んできたし、
ふだん毎日ことばを使っているから
いきなり長編小説を書いても問題ないだろう」
という発想が、いかに愚かしいかはわかると思う。

 これは交響曲も映画脚本もマンガも、ぜんぶ同じ。
当然ゲームシナリオも同じ。

 ゲームシナリオに関しては、業界や手法が未成熟で
そもそも何が正解かわからないという別の問題があるけど、
20時間だとか30時間のシナリオを書こうとしたら
それなりの技術が要求される点では他と同じ。



 小作品を重ねろと言ってる訳ではない。
短編と長編に要求される技術は全く別なので、
小さいものを重ねても意味がないとは言わないけど、
そこまで効果的だとは思わない。

 要するに、勉強をするべきだと、そういうことである。

 勉強するより作ったあとで学んだ方がいいとか、
作りながら勉強する方がいいという意見もあるけど、
それは好き好きだろう。

 ただ、作ったあとで勉強するとか、
作りながら勉強するのは、そんなのは当然で
ことさら強調されることではない。

 また、市場に出す作品がコケるということの重みと、
「何があって」「どの瞬間に」コケることが確定するのか
よく理解してから語るべきだとも感じる。



 いろいろと勉強したかいもあって、
「作品で何を表現したいのか決めないとしょうがない」
という段階に迫ってきたように感じる。

 本当にあともう少しだけど、
どうも疲れや怒りが蓄積して足取りが重い。