FC2ブログ

激動!

  • 2017/09/23(土) 09:39:06

 この一週間はシャレにならないほどの激動であった。

 結論から言うと、ウルティマ・ドラクエライクな見下ろし型は
凄まじい世界の広がりを提供してくれると感じた……。

 というのも、どうやって探索を楽しんでもらうかを考える時、
なぜか幼少の頃、ドラクエ5を持っているにも関わらず
FC版ドラクエ2をちょこちょこ遊んでいたことを思い出した。

 改めてやっても発見なんてないのでは、と思いつつも
「全く何も知らなかった幼少の気分」に帰って遊んだら
もう凄まじい広がりを感じる!

 最初にローレシア城を出た時、ぞっとするぐらい感動して、
そこから大陸を歩いてまた感動した。
ハッキリ言って死ぬほど面白い。
ぶっちゃけ、歩いているだけで十分感動するレベル。

 ただじゃあ、自分は何に感動しているのか、
ということを掘り下げようとすると途端に難しくなる。

 また、この感動はドラクエに限定することかどうか。
ドラクエに限定するとしたら、それは2のみなのか。

 難しい問題ではあるけど、
自分が最も感動を覚えるものを徹底的に噛み砕くことで
それを自分の作品の中にも落としていけるだろう。



 違うアプローチから踏み込んで言うと、
序盤のシナリオの見せ方とうまくマッチさせている。

 実はドラクエ2の序盤は今のゲームシナリオとは
少し見せ方が違っている。

 いつの間にかゲームは一直線型の見せ方になっていて、
この街が終わったら次の街、そこでイベントをこなしたら
次の町、そこでもイベントをやって……みたいな
見せ方が常套手段になった。

 そうではなく、ドラクエ2は船を手に入れるまでは
その大陸を探索する時の拠点を見つけ、
そこから各地へと遠征していく、という流れが基本になる。

 サマルトリアが拠点というとアレかもしれないけど、
次の大陸ではムーンペタが拠点というと、
あぁ言われてみれば、と思ってもらえるだろう。

 その関係で、ドラクエ2は以降のドラクエとは
マップ構造、チップの置き方が
多少違っているような体感を覚える。

 個人的には、この構造・マップが非常に面白い。
その世界におけるリアリティというか、
そういったものの立ち上がりを感じられるというか……。



 多少話がずれてくるけど、
移動が面白いと思われるメディアは恐らくゲームしかない。
マンガ・映画で主人公が移動するだけのシーンは
ほぼ確実にムダな要素になる。ホラーとかはさておき。

 それを考えると、今自分が思っている以上に
移動という要素を深く追求しなければならない。

 また、シナリオ・テキスト面で言えば
上で書いた構造もそうだけど、テキスト面で
主人公が無口であったり、輪郭をボカした表現は
ゲームならではだと感じる。

 どうも主人公のテキストに関して
書いては違うよなぁと消すのを繰り返していたけど、
これもどこかで「ゲームとしてどうなのか」
ということを感じていたのかもしれない。

 完全にノンテキストにはならないだろうけど、
どうやって主人公のテキストを起こしていくか、
プレイヤーが読むことになるかは
よくよく考えていきたい……。




 普通だったら話はここで終わるけど、
実はまた別の話がある笑

 昨日だったか一昨日だったか、マイクラを買った。
ハッキリ言ってヤバイ。
買った日付が曖昧になるレベルでヤバイ。

 ある種、コンピューターゲームの最初期から
「世界を広げる」ということが眼目にあったと思うけど、
その原点に立ち返った気分になる。

 マイクラは、その広げ方の幅がワイドなのが
とてもいいところであり、人によっては
難解になってしまうところでもある。

 自分にとって何が一番しっくり来るかを
自分自身で発見しないといけない。

 ただ、ある程度の目標は
不文律で存在しているので、
それを達成していくうちに掴めていくだろう。

 自分の場合は、土地に手を加える土木系が
一番面白いと感じる。

 それも、何かを削ったりして景観をよくしたり
利便性を追求するのではなく、
霊峰を増やしたりだとかして秘境を作っていくほうが
現実ではできない分、面白い。



 ドラクエをやり直したいし、
マイクラでは世界を広げたいし、
弟が3DSを貸してくれたからドラクエ11もやりたいし……
あ~バイトをやめたい!笑

 ここから体験版を出すまでは
ひたすら我慢の連続になりそうだ笑