FC2ブログ

面白い

  • 2017/08/04(金) 06:10:08

 音楽を作っていて改めて思うことは
最初の部分が死ぬほど大事。
特にゲーム音楽は頭しか聴かれないことも多いから
他のジャンルと比べてもなおさら重要になってくる。

 メロディーから入るなら、
頭の2小節でどれほどのものか判断されるし、
そこからの流れはそれに集約されていると期待される。

 イントロから入るものは、
適当に作ったかどうかが一発でバレてしまう。
早い話が1秒ぐらいで「次の曲に行こう」と思われる。

 結局のところ、マンガもゲームも音楽も
頭の部分で大体が判断されうるというのは
全く変わらないことを不思議に思う。

 ただ、映画だけはちょっと別だと感じる。
あれは1時間半ほど部屋の中に閉じ込めるから
多少立ち上がりが鈍くても許されるところがある笑

 まぁそれはいいんだけど、要するに
自分が作ったメロディーの頭を聞いて
それに沿って無理せず作っていきたい、と
こういうことが言いたかった。



 人それぞれではあるけど、自分の場合は
とにかくシンプルに、素朴に作っていきたい。

 また、すぎやまこういち先生が
「音楽は心の応援団、タイムマシン、貯金箱」と申されたように、
自分も全く同じところを目指していきたい。

 ドラクエ序曲を聴くと、どれほど苦しかった思い出も
人生の誉れの一幕と感じられるように
そういう曲を作っていきたいのである。

 ドラクエ11「過ぎ去りし時を求めて」にあやかって言えば
マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」の冒頭で
紅茶に浸したマドレーヌが記憶を呼び起こしたような、
そんな感じの曲を作っていくことが目標。

 ただ、自分の場合はマドレーヌではなく
おにぎりのような、そんな感じでありたい笑

 寿司とか懐石ではなく、おにぎりがいい。
それも高級な奴とか店の奴とかではなく、
土曜日にオカンが作ってくれたような奴。



 しかし、本当に不思議で面白いのは、
メロディーの頭2小節を聴いただけで
こう来てほしいな、という感覚が出てくること。

 この感覚ははどちらかというと、
リズムに起因するところが大きいように思える。

 仮に旋律の動きがほとんどなくても
恐らくは次への期待が出てくると思うと
リズムが持つ力というのは予想より遥かに
重要なのかもしれない。