FC2ブログ

音の迫力

  • 2017/06/30(金) 07:39:38

 FC、SFCのRPGで育ち、PS以降の音楽は
どうも心に残っていない身としては、
できれば音の人数感、音数は絞りたいと思っていた。

 というのも、音数が増えたり、編曲面で
リッチと言えるようなものになればなるほど
メロディーの輪郭がぼやけると感じていたから。

 ただ、拠点となる街の音楽を作っていた時
何の気なしに大人数の音源をメロディに重ねたら
驚くほど迫力が増した。

 ハッキリ言ってソロ楽器で何とかしようとしてた自分を
ぶん殴りたくなるレベルで出来が違う。

 正直、ちょこちょこ音源をアップしようかと迷っていたけど
今この瞬間はやらなくてよかったと思う。
大恥だとかいうレベルを飛び越えている。



 あれだ……人によるんだろうけど、
自分の場合は恐らく人数感を絞れば絞るほど
めちゃくちゃショボイ曲になっていく。

 試しに小編成ぐらいの音源を当てたら
どんどんイメージから離れていった。

 本当に不思議なんだけど、恐らく頭の中で鳴っているのは
大人数編成の音なんだと思う……。

 ただ、もちろん音源の関係でうかつに音を重ねていくと
なんのこっちゃわからない曲になるのは確かなので
しっかりと3音、4音で聴けるようにしてから……
まぁ、作曲に関しては特に変更点はないか笑

 そこら辺じっくり勉強したいけど、今は座学だけではなく
演習を混ぜていかないと時間がヤバイ。



 これからの課題点はやはり編曲にまつわることと、
ミキシングに関すること。
マスタリングは全部ツールにまかせちゃう。

 どういったことをすれば、どういう印象になるか。
そこら辺に無頓着なので、編曲はやはり苦しい。

 ミキシングはどちらかというと、
どこまで音圧をあげるか?という話になってくる。

 比較対象として、圧が緩めのEDMを聴いているけど
ぶっ通しで数時間ぐらいは聴く以上
EDMと比べれば迫力は劣る、というようにした方が
いいのだろうか。ちょっと悩ましい。



 しかし、本当に良い時代になったと感じる。
DTMという面で見れば昨日今日ミキシングを始めた、という
ズブの素人でも簡単に音に迫力を出せるようになった。

 音楽という面で見てもやれオーケストラだ、
やれ大人数編成だ、などということは
普通は絶対にできなかっただろう。
ましてや自分のような者には夢のまた夢であったはず。

 技術革新に感謝をしながら……
まずはチビチビと3和音で曲を作っていきたいと思う笑

 弦楽四重奏とか混声四部とか憧れるけど、
現状は4和音で作るのはどうすればいいかサッパリだ笑