FC2ブログ

天王山

  • 2017/06/23(金) 06:59:25

 ここ数週間、イラストをやっていた
というのもあるかもしれないけど、
どうにもシナリオの進みがよろしくなかった。

 というか進みが遅いならまだしも、
ちょっとこれ微妙かな、とも思い始めている。
特に主人公まわり全般。

 シンプルに言うと締まりがない、
はっきりと言えばつまらない感じになっていた。
ありふれていると言えば聞こえはいいけどね。

 でもやっぱりボツはボツだし、
時間が経って自分が心惹かれなくなったならば、
作っている時は浮足立っていただけだろう。

 冷静になればなんてことはないものだ。
少なくとも、人様の人生が変わるものではない。



 今作の場合は……というか、バトルがあるもの全般は
主人公とラスボスは同じぐらい大事だと思う。

 ふと今日になって、全然ラスボスが
詰まっていなかったことを思い出し、
そりゃあシナリオなんて進むわけはないよなと
ちょっと笑ってしまった笑



 それでまぁ色々と考えていたけど、難しい。
主人公に関してはある程度、
ここは抑えるべきという要所をうっすら感じはじめている。

 これはもちろん「売上は振るわなかった名作」を読み、
なぜこれが売れないか、と心底疑問に思い
勉強させてもらった結果である。

 売上の多寡はさておき、心を打つ作品に対しては
深い敬意を表さなければならないと思っている。

 それはさておきで、主人公に関してはいい。
あれこれと考察を言葉にしたいけど、
長くなりそうなのでまた今度。

 とにかくラスボス。ラスボスはめちゃくちゃ難しい。
ぶっちゃけ、何が良くて何が悪いかもよくわからない。

 もちろん記憶に残るのは当然としても、
読者がラスボスという立ち位置のキャラクタに
何を求めているのかすらよくわからない。

 どういう方向で作っていけばいいのかさえ
決めあぐねていて、とても困っている。



 もっとダイレクトに言ってしまうと、
ラスボスが何を背負わないといけないのか、
それが見えてこない。

 個人的には、ラスボスというのが
現代人の心の何を背負うか、という原則を掴むのが
キャラクタ全体をまとめ上げる際の天王山だと思う。

 ラスボス次第で話の筋がガチッとなるし、
そうなるとその上を進むキャラクタも
しっかりしたものになると思うので……。

 まぁ、そう思う以上はとにかくひたすら読んで、
ひたすら考え抜くしかない。

 自分が良いと思ったものに答えが潜んでいるのは
絶対に間違いはないので、よく敬意を払い、
よく勉強させて頂きたい。