FC2ブログ

いけるいける!

  • 2017/06/08(木) 07:06:40

 これ膨らませようっていう8小節を
いざ膨らませてコード付け等をやった後、
何か微妙だな……て思った時の悲しさよ。

 昨日の話からの流れで木管を主旋律にさせたんだけど、
単純に木管ソロがピンとこない原因かもしれない。
それならば音源変えれば何とかなるから気持ちは楽。

 何にしても、こういう時は
ちょっと時間をあけるのが吉と見る。
とにかくテンションを落とさないように!

 こういう時はできることから手を付けなければいけない。
立ち止まることだけは絶対にダメだから。

 パッとしない原因が
旋律なのか、ベースラインなのか、コードなのか、
あるいは対旋律なのか、
そこをある程度見極めるためにも
別の奴を膨らませるのが一番良い。



 しかし、キャラデザインの幅をもう少し広げたい。
というのも、多少年齢が行って落ち着いたキャラクタに
華々しさを出すことがどうにも難しい。

 落ち着きと言えば聞こえはいいけど、
ダイレクトに言うと、魅力がない。

 感触的には「あ~これこれ!これだよね!」というのが
きちんと備わっていないと、デザインとしては
成功とは言えないだろう。

 「こういうヤツってこんな感じだわ!」というか笑
そういうのがないと……まぁ、すぐに消えることになる。

 ある種、どういうモチーフが引き出しにあるかとかではなく、
自分の中で掴んでいる人間像が
やはりまだまだ少ないと言わざるをえない。

 結局のところ、まだまだ人間への感動は味わっていないし、
魅力に気付けていないということか。

 こういうのって変に肯定的になろうとしても
何の意味もないので、じっくりやっていくしかないわな。



 また話は変わるけど、白泉社がマンガ賞を打っていて、
そのプログラムの中に鳥嶋和彦氏の講演も入っている。

 多分この感じだと、実際の原稿に対して
どこが何故ダメなのか、
どこが何故すばらしいのか、と言ったことを
きちんと説明してくれるので、とても参考になるだろう。

 東京はこういうイベントを打つから、
早くに住まいを移さないといけない。

 もっとも、原稿の持ち込みが後半からの参加条件な以上、
自分が入れるかどうかはわからないけど笑

 あ~、誰かネットに動画をアップしてくれないだろうか……!