FC2ブログ

却下

  • 2017/03/26(日) 22:21:40

 これは良いぞっていう案が出てきた次の日は
大概それをボツにする笑 今日もそんな感じ笑

 一言で言うならば「展開が読める」
別に、全てがサッパリ新しい必要はないんだけど、
こうなった時点でRPGはダメだわな。

 DQ5とか……ネタバレした後に遊んでも
全く遜色ない面白さがある作品は
やはりその作品特有の手触りや展開がある。

 展開が読めるっていうので一番ダメなのは
他の作品と手触りがそこまで変わらない
ということなのではないだろうか。

 どれだけ各ディテールが仕上がっていても
手触りという点でありふれたものならば
あまり評価は芳しくならない傾向にあると思う。

 「面白いんだけど、ピンとこない」
という作品は、要するにそういうことかと……。



 逆に、重要な部分はガバガバなのに
手触りという一点において先鋭的で、
一部の層から支持される作品はそれなりに多い。

 自分から挙げさせてもらえるならば、MYSTIC ARCと
サンサーラ・ナーガ2を挙げるだろう。

 この2作の手触りを継承した作品は未だ見たことがない。
ただし、両作品、ゲームとして重大な欠陥を抱えているので
遊ぶならばレトロフリークなりの
エミュレーターの使用を推奨したい。



 結局のところ、自分をどれだけ絞れるかだと感じる。
マンガ家の場合、良い編集者に出会えれば絞ってもらえる。
しかしゲーム作る人間の場合は自分で自分を絞るしかない。
その分、時間はたっぷり使えるけれど笑

 やはり、その作家でしか出せない
世界観みたいなものは欲しい。
個人制作はそこがないとどうしようもない、とも言えるけど。

 もう少し突き詰めて言えば、世界観と言っても
人間観が言葉を変えたもののように思える。

 自分が人間という生き物をどう捉えているか
そういったものが多少は出せれば及第点かとは思う。

 煎じ詰めて言えば、そこがクッキリ出せれば
他とは違う手触りになるとは感じるので……。



 そうそう、手触りが他にない作品は確かに素晴らしいけど
それが売れるかどうかは別の話。

 実はドラクエ5も、3以降のドラクエでは
もっとも売れていないタイトルだったはず。
リメイクは安定して売れているけど。

 MYSTIC ARCもサンサーラ・ナーガ2も、
売上って意味では惨憺たるものだ。

 売れるかどうかは、結局のところ手触り云々よりも
ゲームとしての仕上がりや、話題性・ブランドが重要。

 むしろ、目新しい手触りを重視しすぎて
センセーショナルなものを作ると売れない傾向にある。
PSなんてのはそれを地で行ったタイトルが多い。



 「よく見るんだけど、斬新なものをくれ」ってのは
そこら辺を加味した表現で本当に素晴らしいと思う。

 上のセリフは故・ブレイク・スナイダー氏の著作にて
「ハリウッドのシナリオに求められるもの」として
ちょこちょこ書かれていた記憶がある。
細かい点は違うと思うので買って読んでほしい笑

 RPGも同じで、安心して遊べる古臭さ・上質な仕上がりと
どこにもない手触り、その両方が求められていると感じる。

 まぁ……なかなかの難問ですわ笑