FC2ブログ

すっげぇ面白い奴

  • 2016/06/29(水) 19:01:13

 steamがサマーセールだったので
かねてより気になっていたタイトルを
いくつか購入した。

 一応Super Meat Boyが本命だったが、
NecroDancerにドハマリしてしまった。

 前者もちょこちょこ遊んでいて
なかなか面白い。

 主人公のスピードそのものが速いので
確かに難易度は高いが動かしていて面白い。

 ただ、後者は今までの遊びに対しての感覚が
ガラッと塗り替えられるぐらい面白い。



 NecroDancerはリズムゲームとローグの融合、
というのがわかりやすい言い方。

 その中でプレイできるキャラクタが色々居るんだけど
メロディというやつが頭一個飛び抜けて面白い。

 このゲームで敵に攻撃をするときは
既存のローグとは少し違い
「基本的には」体当たりをする必要がある。

 (ちなみにその関係上、敵は2ターンに1回だとか
主人公より動きが鈍いものが非常に多い)

 で、メロディが攻撃をするには少し特殊で
・敵の上下左右いずれかのマス「に」移動する
・敵の上下左右いずれかのマス「から」移動する
これらの行動が攻撃になる。

 つまり、移動と攻撃が一体になっている。
更に言うと、回避と攻撃も同様である。

 (蛇足だけど、それまで居たマスの四方と
移動したマスの四方にそれぞれ攻撃判定が発生する。
移動+攻撃2回と、破格の行動力とルール破壊を
併せ持っており……
要するにめちゃくちゃ強いと言いたい笑)

 これがゲームにものすごい展開力、
スピード感を与えている。



 また、これはメロディに限ったことではないが、
移動も攻撃もリズムに乗って行う必要がある。
要するにただの移動にも競技性が発生する。

 これが本当に画期的で、
RPGの移動がいかに遊戯に対して怠けていたか
そういうことを身につまされている。

(もちろんそれに付随してくる問題もあって、
フロアを全部回った後に店に行って
下り階段にまた行くのが非常にめんどくさい。
ただ5段階評価で1減るほどではない。)



 とにかく今RPGの遊戯性というものを
ひたすら考えなおしている。

 本当にここ数日、新しい……
まぁここ数年のゲームを遊んで良かったと思っている。
いや、正確に言うと新しい才能に触れられて良かった。

 色々な意見はあると思うが、
大切なことは既存のものをどれだけ疑えるかだと感じる。

 疑いと解決の数が時代を切り開く力に直結すると思うが、
NecroDancerに触れなかったら何の疑問も持たずに
今作を作ってしまっただろう。



 とりあえず今コマンド式RPGに感じている不満点を
きちんと洗いなおしておきたいと思う。

 作りようによってはコマンド式RPG=もったり戦闘
という図式をガラッと崩せるのではないだろうか。
一応頭の中で「これでいけるか」という案はある。

 ただし、歩くという行為さえも遊ばせるのは
まだまだ熟考の余地がある。

 特に今作、同じところをぐるぐる歩くことになるので
動かすことそのものが面白い、
報奨的な競技性が存在するかどうかは
非常に大きな違いになると思う。



 steamでは7月5日までセールがあるので
もう少し革新的なゲームを探したいんだけどなぁ……。

 あ、ちなみにちょこちょこキャラデザイン進めている笑
おっぱいをもみたいという強い衝動が
ロリ巨乳のキャラを描かせていて内心ヒヤヒヤしている笑