FC2ブログ

だいぶ固まってきた!

  • 2016/06/12(日) 07:34:47



名前:A(アーサー)・ドイル

 主君を守るための一騎打ちに敗れるも、
主が雄飛するまでは絶対に守り抜かねばという執念により
霊魂化に成功した老猫。

 生前は魔法のマエストロとして
書物を残し、名を馳せていたものの、
霊体になったことにより魔法の扱いを
1から学び直すこととなる。

-----------------------------------

 デザイン的にちょっと
かっこつきすぎたかな、と思っている。

 老成した性格で難点らしい難点もないため、
マンチカン的な短足でかわいらしさを出したかったが
正直ずっと見ていると自分ではよくわからなくなってくる。

(どこかでユーザーが親近感を覚えられるよう
愛らしい短所を考えるのは常套手段だが、
こういったタイプのキャラクタに下手に難点を付けると
逆に嫌らしさが出てきてしまうと思うのだ。)

 あと老紳士的な眼鏡を付けようと思ったが、
老紳士という要素に媚を売ったような感じになったため
裸眼で通すことにした。

 設定を考えついた時は「すげぇ面白い!」と思ったけど
よくよく考えれば霊魂のネコという意味では
シャーマンキングのマタムネや
妖怪ウォッチのジバニャンとそんなに大差ないわな笑



 プレイヤーキャラの一人で性能はもちろんメイジタイプ。
燃費を悪くするのでプレイヤーには魔法の使いどころで
ぜひ四苦八苦して欲しいと思う。

 wizぐらいには燃費を悪くするかもしれない。
逆に言うともちろん威力は大きくなるけど。

 また、昨今のメイジは不当に価値が低かったり、
そうでなかったら必須と言われるほど調整であったり
とてもバラつきが激しいタイプだったりする。

 これはある意味で、作る側が戦闘においての役割を
きちんと分けられていないからであったり、
そもそもwizにおけるメイジの優位性や
ドラクエがwizから削ぎ落としたが現在のRPGでは
当然のようにまかり通っていることを
認識できていないからだと感じる。

 今作ではそこら辺に対しての
自分なりの解答を示したいと思うので、
まぁアルファー版を楽しみにしてもらいたい。

 上で述べたことは数値どうこうの話ではなく、
もっと大きな枠組みだとか骨格の話なので
アルファー版でそれがどういうものかはわかるはず。



 若干予定的には押し始めているものの、
まぁ今月中には着彩に入れると思うので
恐らくそこまで深刻ではないと信じたい……。

 1キャラ仕上げて次のキャラ、
という感じの工程ではないので、
全キャラ仕上がるまでやきもきする笑

 もちろんこれは音楽にも同じことが言える……!