FC2ブログ

あぁ……

  • 2016/04/15(金) 18:20:48

 次に製作するもの変えようと思う……。
やっぱり製作が終わった後には
適当にあれこれ作ると言ってはいかんな。
またリピーターの信用を失うことをしてしまった。

 でも恒例行事みたいに思われていたら笑う。
いや笑うに笑えないけど笑
本当今回でピリオドを打とう!



 一応これだって思うものは決まっているけど
細かいことはまたちょっと今度にしたい。
というか今言っても信用度なさすぎるし笑

 ただ、以前小作品として作ろうとしたが
ちょっと作業が多くなりすぎて見送ったものを
引っ張りだしたことは言ってもいいだろう。

 今の課題点はとにかくスリム化、
あるいは焦点をハッキリさせることと言ってもいい。

 構想が長大化するというのは、
大概の場合不要なものがくっつきすぎている。
そんなものはない方がマシなので、
どれが必要でどれが不要か見定めるべき。

 全体の筋書き、システムのキモは
バッチリ定まっているので、
とりあえず難航はしないと思う。

 まぁもうちょっと膨らませてから
削ってもいいかなとは思うが、
まずは削り・凝縮から再開したい。



 ただしもっと大事な要素のシナリオテーマ、
それが定まっていない。

 テーマなしで作品を作るのは、
魂を込めないも同然なので
これは早急に決めないといけない。

 テーマなんて大仰に言ってるけど、
要は「何があってもこれだけは言える」ってこと笑

 非常にシンプルな質問だけど、
これはとても難しいと思う。

 世間では、そんなの当然じゃん、と言われることでも
色々な人間、色々な人生を鑑みると
同意できないものばかりではないだろうか。



 例えば親は大事と言われているが、
子供に虐待をするような親であったり、
あるいは子供の可能性を食い潰す親であれば
その子供にとって大事かというのは難しい。

 逆に不要と断定するのも難しいけど。
どんなにクズでも親が死ねば子は悲しさを感じるはず。
ただ、色々なものが入り乱れていて
そこに何があるかは非常にわかりづらい。

 当然悲しみ以外にもたくさんのものがあるだろう。
具体的なところは味わったことがないので割愛するが、
まさに人間の心は難解の極みではないだろうか。

 そこら辺の綾をどれだけ味わったかが
キャラクタ製作のキモになるだろうと思っている。

 ここ数年、そこら辺のバランスに関して
本当に安易な方向に走る作品が増えたように感じる。

 作者のコンプレックスやねじくれた部分を肯定したり、
あるいは気に入らない人間・親に対しての
どす黒い感情を肯定する作品が増えたように思う。

 そうなってくると何というか……
そもそもその作品に触れるのが苦痛。
まさにナルシシズムの極地という感じで、
ちょっと合わない。作品も人間も。
もちろん好きな人も居るんだろうけど笑



 話が若干ズレたけど、
ありとあらゆる状況を想定して
それでもなお!と言えるものは何か、
ということなのである。

 もっとド直球にしてしまうと
自分の人生で掴むことができた人間の性質は何か、と
言い換えてもいいかもしれない。

 いやもうちょっと言いようがあるだろうけど
全然思いつかないからこれは
話半分で聞いてもらえると助かる笑

 まぁでも最終的には
自分をどれだけ知れたかになるかとは思う。
自分を通して帰納的に真理を掴むということ。

 人間を知るだとか、あるいは他人を理解する、と言っても
やっぱり自分を理解できた分より多くは
他人のことも知ることができないように感じる。
今までの経験則では。

 ちょっとここらへん、片手間で済ませては
いけない話だと思うので、また明日か明後日か、
とにかく近いうちにきっちりとした文章にしたいと思う。

 若干言い訳がましく見えるが、
そろそろ眠らないと睡眠時間が盛大にズレてしまい
また生活がボロボロになってしまう。