FC2ブログ

積み重ね

  • 2018/09/23(日) 22:10:50

 ちびちびと、脚本を進めるカギとなる
キメのシーンのキメの行動を積み重ねている。

 長編のゲームだと、シークエンスが60個だとしても
おおよそ600以上は案を出すことになるだろう。

 とりあえず1/4ほどを先行して作るとしても……
150個近くは案を出すことになる。

 自分の中からあるものないものを
ひたすら出し続けなければいけないけど、
着想を得られるものが手元にあると、本当に心強い。

危険なサイン

  • 2018/09/08(土) 07:41:56

 自分の作品で、恥ずかしくて見返せないものと
そうでないものがあるのは何故かと考えていた。

 翻して言えば、作っている時の主観的なイメージと
客観的に見たイメージが、著しく異なる作品と
そうでない作品が分かれる原因はなんなのか。

 いろいろ考えたけど、結局のところ、
前々回の記事と同じことで、水を得ていない方向に行ったものは
大体恥ずかしく見返せないことに気づいた。

 もしも恥ずかしくて見返せない作品を作ったのならば、
発展・展開、肉付け……方向性が間違っていたということで
その表現への執着を大胆に切り捨てていくべきだろう。

 ここに来て一番疑問に思うのは、
自分以外の方向性への執着はどこから来るのか、
そして、なぜ自分はそれを強く祭り上げてしまうのか。

集中

  • 2018/09/02(日) 07:14:59

 ある程度、脚本に関する勉強をやり直しつつ、
今作はどういったシーン・シークエンスを入れるか
メモパッドにひたすら書いている。

 今更だけど、モニタの電源を落とし
アナログでしか作業できない、という状況になると
とても集中できる。

 ただ、清書の段階に入ってデジタルに
移行せざるを得なくなると、また考える必要がありそうだ。