FC2ブログ

おかしいだろ……

  • 2015/09/29(火) 20:33:31



 髪の毛の線量を増やしすぎた……。
背景描きこまないし時間もかからんやろ
とか思ってたら、ラフの直し込で5時間近くかかった……。

 でまぁ明日から恐らくエロのページに入る。
一応エロの間に1ページ残ってるけど
さすがにすぐ終わるだろ……。いや、終わってくれ笑

 でもぼちぼちラフの直しががっつり必要なところも
終わりが見えてきたしだいぶ楽になる……と、信じたい。

 ただ髪の毛の描き方はペン入れをし始めてから
ちょこちょこ変えているからあんまり変わらない気が
……いや、考えるのはもうやめにしよう笑

 とにかく今は一刻も早くペン入れを終えることを
目標にして走り抜けるだけだ……。
今年中になんとか完成させることを目指して。



 とは言っても、塗りのクオリティ次第ではある。
1日2ページできるぐらいの作業量で
さささっとやってしまえば完成は早まるが……。

 いっそ年内いっぱい使い切るぐらいのつもりで
塗りもクオリティを上げていこうかなぁ……。
その時のテンションを見て判断しよう。

顔の妖精

  • 2015/09/27(日) 22:26:18



 先日途中経過として挙げた画像と
同じキャラクターなんだけど……笑

 このキャラクターは作中で屈指の
顔芸、表情の豊かさを誇るのではないかと思う。
固まっていないと言われると痛いところではあるが笑

 若干向かって右側の首のあたりが
線画だとまぎらわしい感じになって
首がすごく太い人みたいになってるけど
色つければなんとかなるだろう。

 線画がもっとうまくなれば
もっと細かいラインとかちょっとした凹凸を
線で表現するようにしたいなぁ。

 もっとも、色塗りの段階で
2影、3影の色を使ってそうすることも可能なんだけど。



 どうでもいいけど、顔の妖精というとマリクを思い出す。
マリクといえば遊戯王DMのキャラほんと好き。
性的な意味ではイシズが好きだけど同人なさすぎて萎える。

 対海馬戦はいい勝負すぎて燃えるんだけど
ムラムラもしてしまうから困る。

 あと男キャラは大体みんな好き。本田君も好き。
というか単純に嫌いなキャラがほぼいない。
さすがに闇のPKとかアニオリの偽海馬とかはアレだけど笑



 今日はちょっとごたごたしてしまい
予定的には今日やるべきであったコマが
明日にまわってしまってちょっと残念。

 そのページで、全く警戒していない時に頭を蹴られる
というコマを描くんだけどそこがすごいお気に入り。
正直ネタ的な意味で一番好きなコマになると思う。

 線画の段階ではオバケを描きこまないので
若干スピード感がなくなると思うが
効果線やら効果音で差し引きゼロになるだろう。
着色の時にがっつりオバケを入れるのが楽しみである。

 しかし効果音で思い出したが、
効果音の音でちょこちょこ悩む。
頭をおもいっきり蹴った時で
どういう効果音が一番それっぽいのだろうか。

 個人的には音という面よりも、
文字としてみた時の雰囲気を重視したいとは思っている。

 さすがにジョジョ2部の
「パウロォォオオオオオ」はアレかもしれんけど笑
メメタァは通じるのにパウロォォオオが通じないのは
納得がいかねぇなっ!

 セリフの演出・ポーズと相まって
すさまじい空気感になってるのになかなか言われない。
実は好きなところではあるんだけど。



 話は少し変わるのだが、ようやくボチボチ
エロの部分の作画に入れる……。

 どんなに時間が持っていかれたとしても
今月中には入ることができると信じたい。

 しかし、乳首がようやく出るのが21ページというのは
わりと導入にじっくり時間をかけているなぁと感じた。
(ちょこちょこページの追加をしているから
全55ページぐらいにはなってしまうと思う。)

 あと、エロに入れば1ページあたり2コマ3コマ
当たり前かなと思ってネームを見返したけど、
スマン別にそんなことはなかったわ。

 でもテンションが上がっていくし、まぁ、
多少は作画のスピードも上がっていくだろう。

 なんだかんだペン入れの進化も落ち着いてきて
絵柄も安定してきたというのもあるし。

 本当、人間関係のどうでもいいことで
せっかくの朗らかな気持ちが削がれるのは
めちゃくちゃめんどくさいことやでしかし……。

進行中……

  • 2015/09/24(木) 16:22:39



 こういう時悩むのが背景を描きこんでいくか
それとも演出で押していくのか。

 しかし改めて見るともっとコマごとの接続というか
動きの連続性を出したかったな。
まぁ終了したところを悔やんでもしかたない。

 どうでもいいけど、fc2ブログで画像のリンクを踏むと
よくわからん背景が黒バックのページに飛んで
原寸の画像を表示できなかったのが鬱陶しかったが
あれ設定ですぐにどうにでもできたんだな笑

 まぁせっかくアップロードするんだし
小さいサイズを見せてもしょうがないので解決してよかった。

 そしてブログの更新という息抜きが終わったら
またすぐにペン入れの再開ですわ。
なんとか1日2ページぐらいのペースになりてぇ。
本当こんなペースだと全然終わらんでしかし。



 ……ブラウザ上で見ると、ペン入れはもっと
暴れてもいいかなと感じた。

 別に無味乾燥とした感じの印象は受けないけど、
ここで良しとすると、置きにいった感じになってしまう。

 とは言っても、一生かけて勉強することと考えて、
のんびり楽しんでいくのが一番いいか。

 どうせ漫画を作りきれば嫌でも絵はうまくなる。

ペン入れ気持ちええ

  • 2015/09/23(水) 20:33:14

 ラフの直しを入れながらペン入れをしている最中。
導入部分を描いているとはこのまえ言ったが、
ようやく状況説明の部分から悪堕ちへの
接続の部分にさしかかったので
ペン入れが楽しいのはもちろんとして、
話を描いていくのがすごい面白い。

 本当のど頭、説明説明の部分は
若干テンションを上げきれなかっただけだろうか。

 あと単純に人間やドアップが増えてくるので
背景を描く必要がなくなっていくのがすごい楽。
エロに行ったらもっと楽になるだろう。
人間で画面を専有する比率が多くなると思うので……。

 ただ、ラフを見直すと、今のページからエロに至るまで
変形コマを多用しすぎているので、
コマ割りを直しながらだからまたちょっと手数が増える。

 でも見づらい漫画になるよりは手数が増えるほうが
遥かにマシなのであまり気にすることではないか。



 蛇足かもしれないが、ラフの直しがうまくいくと
すごい楽しい。というか、50ページという
そう長くない期間でめちゃくちゃ絵柄が変わりそうで怖い笑

 ラフの線に関しても、線をひく感じが掴めてきたのも
大きいかもしれない。

 正直ここ数日だけでラフもペン入れも線のクオリティが
段違いに上がってきているのがわかる。
こういう時は本当に絵を描いてて楽しい。

 できれば模写とかもやりたいが、今回の作品が終わり、
次の作品をどういう絵柄にするか決める段階でいいだろう。
といかそうしないと真剣に絵柄が変わりすぎる。

 しつこいが本当ラフに関しても線のクオリティが上がったのは
めちゃくちゃ大きいわ……。とにかくそこが嬉しい。
どうせまたすぐに自分の絵に対して嫌になるので、
こういう時ぐらいは素直にいい気分に浸ろう。

 やっぱりなんだかんだ、毎日絵を描く、線を描くというのは
大事なことだったんだなぁと思いました。



 こういうこと言い出す人は失踪の香りを漂わせるので
あまり言いたくはないが、若干環境的にも変化があり
まだ体が慣れないところが大きいので早く慣らしたい。

 時間的なところは全く問題ないので
失踪は絶対にないと保証する。
完成は……多少遅くなるかもしれないけど……涙

 とにかく交通事故にだけは気をつけて、
無事に年内完成を目指そう。

ペン入れ楽しい……

  • 2015/09/22(火) 18:16:03

 やべぇめちゃくちゃ楽しい……。
なんかもう好きにやろうと考えたら
めちゃくちゃ楽しくなってきた……。

 導入部分には時間がかかるのはやむなしだが
それでも短縮していきたいところは強い。

 このままでは年内の完成も危ういので
どこかしらで製作にブーストをかけないといけないが……。

 まぁエロシーンに入ってからのペン入れが
早くなることを信じて……。



 しかし気を抜くと背景を入れるコマが増えてしまう。
出来る限り漫画的な演出を積極的に取り入れたい。

 作業時間の短縮という意味もあるが、
演出の訓練という意味合いも大きい。

 演出がうまい漫画家は背景をあまり描きこまないでも
「作りこんでいる」という印象が強い。

 自分も演出面で勝負できる男になりたいので
うまい漫画家を参考にしながら作業を進めたい。

 演出がうまくなれば
・作業時間を短縮できる
・読み手に見やすい画面にできる
・表現の幅が広がる
……等々と、いいことづくめである。

決まらない!!

  • 2015/09/20(日) 09:02:44

 雑魚戦闘員のデザイン難しすぎだろ……。
描けば描くほど考えが浮かんでくるんだけど
果たしてこれが雑魚戦闘員としていいのか、
という疑問が大きくなってくる。

 設定的に人間がタイツを被った奴なので、
あまり「改造感」「非人間感」が出ても困ってしまう。
で、現状そういう感じが出てしまっていると笑

 しかしこう考えるとショッカーの完成度というか、
雑魚戦闘員としてのデザインの仕上がりっぷりは
凄まじい物があるわ……。

 イメージ検索でがっつり引っかかるというのもあるし、
自分自身あれにがっつり引っ張られている。 

 もういっそのこと名探偵コナンの犯人みたいにするか笑
でも目はあまり描きたくないのが正直なところ。
男の目が出るやつはちょっと萎えるから。

 なんかもう自分がどういうデザインにしたいかとか
よくわからなくなってきた……。
とりあえず作画を進めたいことだけは確実なんだけど笑



 あとどうでもいいけど昨日右手中指をやけどした。
箇所が第一関節の薬指側なのが唯一の救いか。
人差し指側だったらえらいことになっていた。

 ちなみに水ぶくれはできたが白くはないので
まぁそこまでの重症ではない……と思う。

突発的に

  • 2015/09/17(木) 13:39:22

 すごくいい設定を思いついたので
どうしたものかと考えた結果、
少しネームを改変することにした。
が、結局1ページ追加するだけで済んだ笑

 すごくいい設定、とか言ってるけど、
それは悪堕ちものとしていい設定というだけで、
正直なところ、作ってる自分自身が
「ここまでする必要はあるか」と少しためらった……。

 でもまぁここで自分やキャラクターを守ったら
渾身の作品にはならないので採用することに。

 文章量が明らかに多いページなので
勘がいい人は「あ、これは後からつけたのでは?」と
気づくことができるだろう……笑



 話は少し変わるが、ペン入れの方向性というか、
得意な線の種類には得手不得手があると思う。

 山田章博氏、袁藤沖人氏の系列の
曲線的な美しさ、やわらかな美しさの方向と、
エッジをバリバリに立たせた方向性の
ハードな方向の魅力的な線の方向がまず考えられる。

 で、他にどういうのがあるかとかは置いといて、
自分の適正って曲線的、やわらかさとは
無縁のところにあるのではと、ちょっと凹んでいる。

 ……まぁまだまだペン入れの経験が浅いので
判断するには時期尚早と言いたい。



 とにかく作品を早く完成させたい。
が、ペン入れが思った以上に時間がかかる……。

 というか前半部分はラフの直しとかしているので
一手間二手間、より多く手数が必要となるので
そこら辺も時間がかかる原因だろう。

 絶対に9月以内にペン入れを完了させたい。
恐らく着彩には1枚1日ぐらいかかると思うので
年内発表さえ危うくなるのはちょっとまずい!

 1日4ページ平均……案外いける気もするが。
途中から板タブから液タブに切り替えたので
ラフを直す必要もないし、エロ絵のコマは
大きめになっているので必然的にコマ数も少ない。



 とりあえずのところはエロに入る前の導入部分、
これを強い気持ちで仕上げていかないといけない。
入ってさえしまえば後は流れでなんとかできるだろう。

やめだやめだやめだ!

  • 2015/09/15(火) 17:30:47

 成功することを念頭にするのはもうやめだ……!
いやもちろんうまくいくに越したことはないけど、
「成功しなければならない」というプレッシャーは
本当に気持ちを台無しにしてくれる。

 同時に、他で金稼ぎをする必要があるため
完成には多少時間がかかるようになるかもしれないが
製作そのものが億劫になるよりは遥かにましだ。

 今までの自分を革新させていく作品であればよしとする。
言うまでもなく、劇的である必要はあると思うけど。



 「俺が王様」という気持ちで作るのがいいだろう笑
もちろん「作ってやってるんだからありがたく思え」とか
そういう訳ではない。前時代的を通り越している。

 単純に、市場に媚びない、という意識である。
劇的に超克・克己したものをただ作ることを目的としたい。



 そうそう、市場や環境に媚びない、というのは
非常に誤解を呼ぶ表現かも知れないが、重要だろう。

 言うまでもないことだが、ユーザーの求めるものというか、
ユーザーがいい意味で衝撃を受けるもの、
喜ぶものを作るのは当然のことである。

 ただ、そこがほんの少しでもブレると媚びに転じる。
……ように感じる。自分がそうであったし。

 そうなるとモノを作るワクワク感とかとは
縁遠いお話になってくる。要はつまらんということだわな。

 アーティスティックな方向に走るのはもっとダメだが笑



 超克・克己の創作というと非常にわかりづらいと思うが、
要は製作前の自分では想像もつかなかった作品を
製作することができているか、なのではないか。

 そう考えると、今作っている自分の作品は
とりあえずの目的は達成しているように思う。

 ネーム・作画・作品形態、どれをとっても
製作前の自分とは比べ物にならないほど拓けている。

 あとは完成させるだけではないか。
いや、塗りもあるんだけど笑



 やはり創作にしても何にしても、
自分自身を突き詰めていくことが重要だと感じた。

 自分の性格・性状等にぴったりと合った気持ちで
製作に向かっていかないと苦しいだけだろう。

 その上で熱い自分語りをさせてもらうと、
……やっぱり長くなりそうだからいいや笑

あぁ……

  • 2015/09/13(日) 05:05:06

 死にてぇ……いやでも本当に死ぬのは嫌だな……。
逃げてぇ……いやさすがに完成はさせてぇな……。

 結局何が辛いかって言うとやっぱり金か。
生活が安定しないのが一番やばいことか。
金がやばいと売れるか売れないかばかりが頭に浮かぶ。

 目標となる人の絵を横に並べながら作業すると
辛くないと前言ったような気がするが、スマンあれは嘘だ。
自分の技量のなさが本当に辛い。
こんなに拙い線しかひけないのか自分は……。

 正直作業に向き合うのが怖い。

結局やっぱりリファレンス

  • 2015/09/11(金) 05:46:20

 舞台のデザインが決まらないと嘆いていたものの、
リファレンスを集めることにより解決。大体見えてきた。

 しかし、背景のことを考えると3Dを
何とかして取り入れたいと思う……。

 ゲーム制作を前提に考えると、
素材はほぼ確実に使い回しが基本となる。

 自分自身、背景を頑張って描いた時
正直なところ「これを使いまわせたらな」と
思うことばかりである。

 その点3Dは使い回しができるという点がいい。

 マップチップのことを考えると使い回しの面で
うまく考えているよなと思うが、
漫画のような場合、使い回しは
難しいのではないかなと思う。



 ただし、舞台をころころ転換させる必要がある場合は
いちいち3Dを作りこむのは逆に手間になるだろう。

 自分が漫画を作るときは、恐らく舞台は
そうとう狭い範囲になるのでその心配は不要だろう。
ゲームの場合はその限りではないが……。

 いや、漫画の場合は3Dでもいいかもしれないが、
ゲームの場合は2Dで押していくので
あまり3Dでなんとかしようと思わないほうがいいかもしれない。



 2Dの素材を3Dのように使いまわせる技術が出てこないかな。
いや、正確に言うとないこともないんだけど
現状板ポリにテクスチャくっつけるだけ、
みたいな感じだからまだまだ実用にはいかない気がする。

 袁藤沖人氏のような背景を描けたらきっと楽しいと思うが
描いたら描いたで「使い回ししたいなぁ」と思うだろうな笑

 もちろん、逆なのはわかっているけど笑
描くのが楽しいからあんなに美しい絵が描けるのだと。
多くの人はそういう誤解をしてしまいがちなように思う。

 ……白黒の漫画を描くときがあれば
氏の背景をリファレンスに並べるつもりである。
羨むだけでは進歩できないので……。

 ちなみに今はキャラクタの頭部を
リファレンスとして並べている笑

 なんだか今までとは比べ物にならないぐらい
自分の技術が伸びていくのを感じる。
やはり理想を常に意識するのは大事なのだろう。



 ……まぁ今はいずれにしても
手書きで背景を仕上げていくことになるだろう……。

 魔法の杖という言葉はあまり好きではないが
(大学生がイキって使う言葉の印象が強いので笑)
そんなものは存在しない、ということを肝に銘じていきたい。