FC2ブログ

考えなおさないと……

  • 2015/02/26(木) 19:47:55

 昨日は売り上げ的な意味で相当焦ったけど、
よく考えたら平日だし、伸びはこんなもんなのかな?
とりあえず土日過ぎるまでは判断できないか。

 ただ、売り上げ的な意味では間違いなく
右肩下がりなので、考えなおさないといけない。
そもそも、もうCG集に固執する必要しない方がいい可能性も。

 中堅・大手とガチれる技量・知名度がつくまで
CG集でつないでいくことが辛抱できるか、と自分に問うと、
やはり厳しいかなと思う面が強い。

 なんだかんだ、ここは一気にゲーム制作に
踏み切るべき時なのではないかと思う。
自分の向き不向きというものを確かめるためにも、
まぁ1周年、2周年あたりまでは、
好きにやってみようかなと思う。

製作開始

  • 2015/02/24(火) 19:00:55

 とりあえず先日製作完了したものを今朝方登録したところ、
DL、DMMともに明日には発売開始されるみたいだ……。
早朝に登録したとはいえ、次の日に発売とは、早い……。
まぁ次回以降登録する時の指標になるだろう。

 昨日はがっつり遊んで、今日からは製作。
色々とリファレンスを集めて構図を決めている最中。
前回とは打って変わって、男勝りで粗野な感じの
キャラクター像にするつもりなので、妄想が楽しい。
今でも鮮烈な失恋がそういうタイプの人だったので、
だからこそ、というのがある。

 しかし、製作を通して母親とラブラブものでいく、
(場合によってはラブラブというより偏執狂に近くなるだろう)
という腹が決まって、色々と作品を見たりしてるけど、
方向性が近いもので完成度が高いものは
見て(抜いて)すごく向上心につながる。

 いや、ラブラブとは真逆の方向性の
ネトラレものであったとしても、やるきになる。
見るのもつらいからこそより抜ける、というところがあるし笑
(多分母親とラブラブものを作っているからこそ
ネトラレものが直球で刺さってきて笑えなかった笑)

 そして何より、素直に先達の技術のすごさがわかるから、
自分の未熟さや拙さをすんなり受け入れることができる。
これが一番大きい。
腹が括れていなかった時は、自分と先人の力量の差が
ジャンルや方向性の違い、という言い訳で見つめられなかった。

 やはり時間や労力をかけて作った作品だからこそ、
人間、過剰に自信を抱いてしまうものだと思う。
そこで滑るとどうしても技術的なところを
受け入れることができない。口では受け入れても、
精神が受け入れることを拒否する。
そこを乗り越えることができるのが
自分はこれでいく、と腹を括ることの良さだろう。

 何にしても、やはり方向をきちんと定める、というのは
ものを作っていく上で非常に大事なことだと思った。

 ……とはいっても、これからゲームを作っていきたいし、
となるとまた違ったエロのジャンルを開拓する必要があり、
非常に悩ましいものである笑

製作完了

  • 2015/02/22(日) 13:28:46

 効果音もつけたし、pdfも作ったし、製作は完了した……。
まぁ一応パッケージ製作とかそういうのはあるけど、
おおよそ12日程度の製作期間で、無事完成。

 終わってのんびりしたいのもやまやまだけど、
とりあえず次回作の構想を練らないとなぁ……。
ラフまで起こしたら2日程度休日をとろうかな。
あるいはペン入れまで終了したら、というのも。
一度時間を置きたい箇所はあるので、
そこまではまたさっさと製作をしよう。
そこで休憩をとるかどうかはその時考えるべきことだろう。

 ある程度、次こういうのを作ろうというあたりはついている。
何回も言ってる気がするけど、母子もの。
製作期間は2週間弱になるとは言うものの、
やはり何も考えずに始められるものではないので、
ここできっちりと当たりをつけておきたい。
何も考えずに走り出すとまた製作を断念することになる。

 とにもかくにも、次もまったりしたものを作ろう。
ネトラレは人気かもしれないけど、
自分の場合ネトラレても自分のメンタルが傷つかないように
キャラクターの魅力を削ぎ落してしまうきらいがある。

 あるいはビッチものだったり輪姦ものだったりも、
愛着のあるキャラクター像がそういう目に合うのは
アレなので、どうしても薄味なキャラクターになってしまう。

 やはり、性癖が多くあっても、自分のうまあじが
発揮されるのは1つ2つという訳なのだろうか……。

あとは効果音だけ

  • 2015/02/21(土) 17:21:00



 効果付けたりテキストもつけたりで、残すところは
効果音を付けるのみとなった……。
けど今日はオナニーをしたので完成は明日以降。
すっきりしすぎると、やはりやる気がなくなる。

 今回初めてディフュージョンだとか擬似ソフトフォーカスだとか
そういった、効果、に当たるものを付けてみたんだけど
遠巻きだとあんまりわからないなというのが本音笑
いや、がっつりかけてるものは本当にかけてる。
風呂場のシーンなんて湯気や熱気を表現するために
かなり強めにかけているからそこら辺は大丈夫。
問題なのはこういう、普通の部屋でどうするのか。

 別に今日明日で終わらせないといけない訳でもないし
ここからまた微調整入れればいい話なんだけど、
効果ってどれぐらいかければいいか悩む。

 正直かけすぎたものってエロとしてあまり好きじゃない。
かといって、効果をがっつりつけてからあえて控えめにすると
どうしても物足りない感じになってしまう。
結局どこで落ち着けるの? というのが難しい。

 だいぶ昔になるけど、あるイラストの教則本で
技術的につたない人間ほど覚えたてのフィルライトを目立たせてしまう、
(主光源・キーライトとは逆サイドから当てるライト)
という話を目にしたような気がする。

 こういった新しい力・技術を手に入れると
必要以上に使ってしまうのは人の性なのかもしれない。
いずれにしても、万全でない、と感じるところがあるなら
最後まで調整しきってからリリースしたい。
それで滑るのと、調整せずに滑るのとでは、
精神的な悔恨が天と地ほど変わってくるので。
今回ばかりは、ああすればよかった、こうすればよかった、
というのは、なしにしたい。

予想以上に早く終わる

  • 2015/02/20(金) 18:38:03


 サムネイルで見たら若干雰囲気が何か違うな……。
ここからPhotoshopで色調補正をかけるし、その時に微調整を行うか。

 しかし、明日ぐらいには製作が終わりそうな雰囲気がしてきた……。
となると簡単なカットの基本15枚なら10日程度で終わるということか。
何というか切り詰めて切り詰めてなのであまり考えたくはないけど笑
優しく捉えるならば、多少ゆっくりしても
隔週で基本15枚のCG集を発売できる、と言えるだろう。

 全く話は変わるのだが、pixivやらニジエやらで前作の宣伝を
打つことを忘れていたので、明日あたり打とうかなと思っている。
大体どんな感じの投稿画像に仕上げればいいかとか
そこら辺のリサーチも兼ねて。
こうしておけば今回の作品の宣伝を打つときにも役立つだろう。

 そんなこんなで、今作は25・26あたりに発売されて、
土曜日に宣伝を打つ、というのが理想の流れになるだろう。
となると23日の夜か24日の朝・日中に提出をすれば
思った通りの発売日に狙えるかと思う。
何だかんだでCG集であれば審査期間なんてほとんどないし。
さすがに23日の夜提出して24日発売開始とか
そういうことはないっすよね……笑


 今回の作品がどれぐらいの売り上げになるかはわからないけど、
間違いなく製作を通して、自分自身の技術が
向上していった感じがあるし、
今回の仕上がりは今までの作品より頭一個抜きんでる気がする。
そういう意味では製作を行って良かったなと思えた。

 ある意味ではジャンルの合う合わないみたいなものも
自覚できたし、非常に実りのある製作だったと言えるだろう。
そしてこれで反響が大きかったならば言うことはない笑
何だかんだ、やっぱり売り上げ次第で
出して良かったな感って大きく上下する……と、思う。

引き算

  • 2015/02/18(水) 15:35:10

 今、基礎部分の着色を行っているのだが、
引き算がうまくいってる感じがする。
簡単に言うと、わりと見栄えがいい。

 進捗的にはある程度余裕があるので、
焦って作業を進めず、ゆとりを持つためにも
明後日に基礎部分の塗り上げを終了し、
その後2日かけて演出や差分の塗り。
そして1日でテキストやら効果音やらの編集で完成としたい。

 結局のところ完成するのは23日頃で、
作業全体を通してみると大体1枚あたり1日という計算になる。
今作が完成するのが月末で、3月20日頃までは
軍資金が入らないので製作を続ける必要がある。

 4週間弱ほど時間があるが……。
まぁここはでかい作品を作って勝負を仕掛けずに
小さい作品を2度作って知名度を上げることを狙うべきだろう。
正直それなりのボリュームにしても
今はピコるイメージしか出てこない……笑

 今回甘々な作品だから次はちょっとピリッとさせて
Sっ気のある母親ものか男勝りな姉ものにしよう……。

悪くない進捗

  • 2015/02/16(月) 18:21:29

 今まではペン入れ・塗り分けをワンパックとして
1枚1枚仕上げていたけど、今回からは
共通部分のペン入れを全て終えた後、
差分のペン入れ・塗り分けでもう1周するようにした。
単純に言うと、2分割。この変更は、アリだと思った。

 これはあくまでも自分の場合ではあるが、
1つ1つの工程の負担が増えると、作業の隙間や
途中、間にどうしても休憩をはさみたくなる。
そして休憩はどうしても5分10分のロスではとどまらない。

 1つ1つの工程の負担を減らす代わりに、
2周3周する流れにした方が、
トータルの作業時間は圧縮されそうだ。

 多分この方式はイラスト以外でも活きそうである。
ゲーム製作をするとなると、マップ製作なり
楽曲製作なり、色々とやることが増えるが、
小さく分割された作業を大量に、という発想は
それらを効率よく作っていく足掛かりになるだろう。
後戻りのリスクも恐らく最小限に抑えられる。

 ちなみに、ペン入れの速度は、
旧来の方法が調子が良くて1日7枚、
現在の方法は日当たりで換算すると怠けても1日8枚はいく。
効率が圧倒的に違うので、これはもっと研究していきたい。
どれぐらい作業を細切れにするのが一番効率がいいのか……。

 この調子でいけば23日には提出できる状態に
仕上げることができるのではないだろうか……。
月末暖かくなってくれれば多少消費も増えるだろうし
それを期待しているがはてさて……。


 尚、効率化という単語は今後何年も口にすることになるだろう。
個人であれ企業であれ、ゲーム製作を志す以上
時間という意味でも質という意味でも、
作業の圧縮は永遠に向き合わなければいけない問題だろう。

 個人的には特に後者の方を強調したい。
昔のゲームは良かったと言われることは多く、
(文字通り捉えるならば)それは懐古主義だと言えるが、
ことテキストに関しては間違いなく昔の方が良かったと言える。
ハードの進化に伴い、テキストに関しては容量で悩まなくなり
蛇足を削ることをしなくなったように思える。
結果として冒頭でAを何回も押させたり、
キャラクタのイメージを曖昧にさせるテキストが
世界観に没入させることを阻害させるゲームが多い。

 個人製作のフリーゲームをやればよくわかるだろう。
下手なライターほど不要なテキストを詰め込む。
冒頭数分、一発で理解してもらえることだと思う。

 尚シナリオ・演出に関しては特にどうこうは言えない。
あくまでもテキストという意味である。

ひとだんらく?

  • 2015/02/15(日) 15:56:43

 友人に頼まれた小説の表紙を仕上げた。
リテイクがなければ完成となるけど
最終的な納期まで多少は余裕もあるし
ある程度はリテイクを見越している。

 指定された塗り方がエロゲ塗りだったので
色々と試行錯誤しながら作っていたけど、
加算レイヤーでグラデを作るだとか、
ハイライトの下に不透明度を下げた覆い焼きレイヤーで
ちょっとリッチなハイライトとかだったら
自分の作品で採用するのもありかなと思った。

 影の境界をぼかしたり、
ブラシで影に諧調を入れるのは、採用できないと思った。
逆に言うと、グラデ一発での調整はありかなとは思う。
影レイヤーにのみ焼き込みとか入れるとか……
それが活きるかどうかは別として笑


 とりあえずひと段落はしたし、ラフを見返して
全てのカットが及第点に達していると思えたし
ぼちぼちペン入れに入ってもいいだろう。
というよりも、入らないと進捗的に非常にマズイ。

 日月火でペン入れを終了させられたとしても、
そこから着彩、仕上げ含めて提出までの猶予は6日、
正直ギリギリの制作になるだろう。
もっとも、今回はカット的に込み入ったものがないし、
枚数的にも差分的にも1枚ごとの負担が少ないので、
何とかなるだろう。いや、そう信じないと精神がもたない。

 モチベーション的な意味で、この1週間強は
ひたすらオナ禁オナ禁の生活になるだろうな……。
なんだかんだ、やっぱりすっきりするとエロ絵を描く気が失せる。

ある意味では収穫があった

  • 2015/02/14(土) 00:42:23

 数日前にとり急いで製作物を変えたけど、
現状の経過を見ると、ある意味正解だったかもしれない。

 というのも、時間的にほんの少し猶予があるので、
製作の進め方を見直しながら作業をしている。

 ラフ作業を、1回ある程度仕上げた後、1日置いて
再びラフにとりかかり完成させる。
カットの仕上がりによってはもう1日かける。
という工程に変更したのだけど、これは悪くない変更だった。
1日2日程度作業時間を増やすことによって
仕上がりの程度がだいぶ変わっているように思える。

 どうもかわいくない、と思うカットがあっても、
日を置くことによってなぜかわいくないか、
どこが破綻しているかわかるのが大きい。

 アニメ塗りをやる以上線画で7割8割は
仕上がりが決まってしまうと思うので、
ラフに時間を費やすのは正しい判断だと思った。

 基本CG枚数を減らして、かつ、1からやり直したから
こういった作業の見直し等ができたと思う。
製作物を変えずに突っ走っていたら
しばらく気付くことはできなかったのではないだろうか。

 製作期間を圧縮しながらの作業を追求するのも大事だけど、
同時に「時間当たりのクオリティの向上」ということに気を付けて
ワークフローを見直し続ける必要があるだろう。
ペン入れにしても着色にしても、かけた時間に対して
クオリティの向上が段違いの作業があるなら
積極的に採用をしていくべきではないだろうか。

 逆に時間がかかる割にはクオリティがそこまで変わらない、
時間をかけるほどの向上は見受けられない、
という作業は容赦なく切り捨てていかなければならない。
難しいのは取捨選択、ということになるはず。


 しかし母子ものは作っててええなぁと思った。
売れる売れないという結果論はわからないけど、
キャラクター性は変えながらも、方向性や
年上の女という一点においてはゆるぎないものとしたい。

 色々とこういう作品を作っていきたい!とかそういった妄想を
書き連ねていきたくなるけど、今日はぐっとこらえることにする笑

作業予定……

  • 2015/02/13(金) 01:12:00

 今日明日でラフを終えて、そこからペン入れを行い、
大体17日から着色を開始。
1日2枚でも1週間だから24日ぐらいには終了。
仕上げもほとんど必要ないので25日には提出できるとして
27日に何とか販売開始にできそうではある……。

 とは言っても、着色にはそこまで時間はかからないはず。
1日3枚ペース、5日ぐらいで終わらせようという魂胆。
むしろ今回は前回の工程に+αして
何かしら華々しさをプラスしたいよなぁと思っている。
具体的に言うと、覆い焼き・焼き込みあたりを使って。
逆に言うと、がっつり塗り方を変更するよ、
ぼかしとかがっつり使ってみるよとか、そういうつもりは
今のところは……ない。

 某掲示板をちょこちょこ覗いているけど、
ここ数日TPP関連の話題で呆れるほど荒れていた……。
「2月の売り上げがめちゃくちゃ少ないんだけど?」
という書き込みが流されていたのが口惜しい。
ちなみにそれに対してのレスは同じぐらいが少数と、
確かに減った、というのが若干量。

 数日前色々調べて、2月8月は商売の閑散期である、
ということはわかった。
ただ、それがエロ同人界でも共通することかはわからない。
体感としては、「ものすごいのがあったら買おう」、あるいは
「普段買ってるサークルが出したら買おう」ぐらいには
購買意欲が一応は低下しているように思える。

 言い換えるとリピーターがついているか、知名度が
既に十分量あるサークルは体感的に下がらないが、
知名度がないサークルはがっつり下がる時期なのではないか、
と思った。
こう考えておくと、前回の作品が凄まじく滑ったのは
自分の作品が悪かったというよりも、
時期的な販売戦略で負けたと思えるから気が楽である笑

 やるべきことをやったと思えるなら、
ある意味で結果には責任を持ちすぎないことも重要だと
ばくち打ちの考えを見てて、そう思いました……。
まぁ、今作ってる作品に気持ちを向けていくためにも
失敗を引きずるよりは「運が悪かっただけだ」と
一個切り捨てるところも必要だよなってこと。