FC2ブログ

雷やべぇ!!!

  • 2014/08/19(火) 23:31:45

一瞬……というか1分ほど停電するレベルで
雷が近づいたことなんていつぶりだろうか……。
とりあえず今のところ雷は遠ざかっているので、
いまのうちにいろいろなことを済ませておこう……。

しかしパソコン使えないと本当何もできないなぁ
リファレンスもPCにため込んでるし……うーむ。

製作物練り直し……

  • 2014/08/18(月) 18:39:13

昨日ニュースで岐阜に結構な水害が起きたというが、
大丈夫だろうか……。


次回製作物の構想を練り直すことにした。
多分触手ものだといつまでたっても完成しないだろう。
とりあえず現状製作している奴はちょびちょびでも
進めていってず完成させようとは思う。

……ある程度構想は練っているけど
自分自身に対してGOサインを出すのは
やはり勇気が必要なことだな……。
とは言っても、ここでしっかりと自分の嗜好や
今自分の中で一番熱いものにきっちりと向き合えば
向こう4・5か月のモチベーション、製作速度、クオリティに
直結するので、非常に大事なところなので、手は抜けない。

ちょっと勢いで触手ものに行ってしまった感があるので、
次々回作の製作からはきちんと自分が
今、抜きたいもの に向き合ってから制作に入るようにしたい。
1か月ほど時間をうまく使えなかったが、
まぁ本制作に入るまえに気付けて良かったとしておこう。

OKOK、わかったわかった

  • 2014/08/17(日) 18:41:03

とりあえず、リファレンスと講座を並べて作業しようか……。
わからない、描けない、というのは非常にあいまいな言葉で、
何がどうわからないのか、描けないのか、そこら辺を
詳しく自分の中で詰めていく必要がある。
そして、わからないものはリファレンスを集める、
あるいは、あるならば、講座を集める。

触手のぬめぬめ感をだすためにあれやこれやと
試行錯誤していたけど、とにかく最初はリファレンスを
引っ張り出しておくこと。これにつきる。
前会社にいたときは「下手な人間ほど資料を使わない」と
厳しく諌められたっけな……へへへ。
とにかく多少ワークスペースは小さくなってもいいから、
リファレンスや講座は絶対に並べて作業しよう。
これはもう自分自身への鉄の掟としなければいけない。


あと、ブログのレイアウトというか、構造を多少変更した。
とりあえずのところこれでまぁいいかという感じかな?
画像のみの記事を参照できるようにしたし、
作品のブログパーツもきちんと設定したし……。
まぁお金に余裕ができたらきちんとサーバー借りて、
小品の方の作品を並べていきたいなと思う。
とは言っても小品が出そろうのも、お金に余裕ができるのも
だいぶ先だろうから今は言ってもしょうがないか。


もう一個、締め切りに関して。
11月末日ということで考えていたんだけど、
仮に11月末日に提出できたとしても
冬コミとバッティングしてしまう可能性が高い。
という訳で、多少送らせて内容量を充実させるのもアリかも。
冬コミ出陣兄貴達は恐らく1月は素寒貧の可能性があるので、
1月末から2月頭……、あたりをめどに考えるかな。

dlsiteって平日の方が注目度が高いのか
それとも休日の方が高いのか、
そして月で見たら末がいいのか頭がいいのか
そこら辺の統計出している人いないのかなぁ?
やっぱり出すからには評価されたいというのは心情だし……
いやそう!何よりquadroの新しい奴、Maxwell搭載の奴が
8月下旬に出るって言うんで資金的な意味で頑張りたい。
CPU、グラボともに貧弱で、とにかく表現できることが
限られている状況なので、今回の作品制作で一気に弾んで
次回からの制作の糧にしたいというのがとにかく大きい。

まぁとにかく、今晩からはきちんとリファレンスを並べて、
作業を頑張っていきたいな(小並感)

順序といふもの

  • 2014/08/16(土) 20:08:43

車の運転でもそうかもしれないけど、
やはりいきなりトップギアで走ろうとするとエンジンを痛める。
あるいは、路面状況や諸々の関係で、あえてスピードを
落とさなければいけない時というのもある。
ただし、止まると再び動き出す時にエネルギーがいる。

製作も同じようなもので、調子がいい時もあれば悪い時もある。
大切なことは、どんなにローギアになっても絶対に止まらないこと。
まぁたたき台の原画とか詰め込み具合とか
ちょっと頑張りすぎたなと反省中だけど、何とかここを乗り切りたい。
逆に、本制作で、ここを詰め込みすぎると危ないな、
というところがわかっただけでもいいかな。
衣服と触手の詰め込みに関しては本当危険。


話はちょっとずれるけど、dlsiteのブログパーツを付けよう、と
思っていたけどなぜかカスタマイズで自分の作品が出なかった。
あれ、おかしいな、と思ってよく見たら成人向けの作品は
また別のブログパーツになるのね……初めて知ったよ。

とりあえずこれで一番上に表示する記事が
商売色よりも製作色が強くなってくれるから良かった。

あと、画像付きの記事で検索をかけられるようにしたいなぁ。
一応ユーザータグに関してはわかったんだけど、
もうあと一歩って感じだな。まぁすぐできるだろう(楽観)

時間はかかるが……

  • 2014/08/15(金) 18:50:00

色々と新しいことに取り組んだり、塗り上げで多少力を入れようとすると
どうしても時間がかかってしまう。
しかし、やはり品質は絶対に落としたくない。
それは物を作る側としての意地でもあるし、
このサークルの製作物を心待ちにしている人のためというのもある。
結局のところ腹を括ることができるかどうかなのではないかと
最近はそう思い続けている。
1日の間に作品に向き合っていない時間、
完全に集中しきれていない時間がどれくらいあるか、
それを考えると、やはり自分自身覚悟をしきれていないように思う。

まぁ何か学生さんみたいなことを言ってしまったが、
今の自分の気持ちは本当こんな感じ。
腹を括りたい。自分が決めた納期を守って
且つ最高の作品をユーザーに届けたい。
それができてようやく、じゃあどうしましょうか、という
対処法とか方針が定まるのではないだろうか……。
……とにかく今晩もがっつり頑張るか。

ぬめりとかさ

  • 2014/08/14(木) 19:14:46

昨日下敷きになってる部分の触手を塗りながら思ったけど、
表面の形をきっちり理解できていないと難しいな。
いや、というのも、ぬめりって結局のところ、
映り込みや様々な反射光を表現できているかどうかだと思う。
そうなると当然映りこむ像や地面など、物体の形を考慮して
歪曲させていかなければならない。
その時に形をきちんと理解できているか、作りこめているか、
というのが大事になってくると思う。

いっそ景気よくガッツリつるつるな形にしてもよかったかな?
影レイヤーは別にあるので、ちょっと試してみるのもいいかな。

っていうか締切間に合うのかこれもうわかんねぇな……。
多少シーン数が少なくても上質なものを作りこんでいきたいが、
やはり値段との兼ね合いで10シーンは入れたいんだよなぁ……。
まぁ本制作に入ってそこら辺は考えていこうかな。
本制作は本当に考えると言うよりも、ひたすら作りこむという
感じなので、だいぶ製作時間も変わってくると信じて。

怒らせちゃったねぇ!

  • 2014/08/13(水) 18:52:13

CLIPSTUDIOでイラストを開くとき
読み込みに15分かかるとかもう許せるぞオイ……!
(上書き保存にこれまた5分から10分ほどかかる)
怒らせちゃったねぇ!俺のことねぇ!!
おじさんのこと本気で怒らせちゃったねぇ!!(言いたいだけ)

で、.lipだとさすがに作業にならん、ということでpsdにて
保存したらファイルサイズが1/4になったでござる。
1.2GBが300MBぐらいにはなっただろうか。
しかもphotoshopでpsdを開く/保存する時超早い。
尚psdが軽くなっても相変わらずCLIPSTUDIOで
読み込みを行う時はやったら時間がかかる。

で、もっと言うとphotoshopは動作が超サクサクしてる。
cs6はOSが64bitだったらめちゃくちゃ速いという
情報もあるし、色塗りはPhotoShopがいいかもしれん。
1レイヤー1色でやっていく以上、色伸びや色混ぜの
美しさはそこまで求められないので、追い風かも。
ただしぼけ足に関しては精度が求められるか……。
まぁ本格的に作業してみないとわからないけどね!!
今晩からPhotoShopで本格的に作業だ。

ただし、線画に関するところはやはりCLIPSTUDIO。
左右反転、オートアクション、ベクターレイヤー、と
描画に関するところは凄まじく充実していることに加えて
優秀な塗りつぶしと、下地作りに適している。
線画・配色までは.lipで作業を行い、
そこからの作業は全部PhotoShopが賢いと思った。
もちろん線画の修正は.lipファイルで行い、
必要に応じて線画レイヤーを持って行くことを前提として。


ちょっと技術的な話。
昨日AfterEffects……、というか、Twixtorを絡めた時
乗算等描画モードをどうするか、という話をしたが、
一応解決方法なるものは発見できた。

Twixtorを適用したコンポジションはコラップストランスフォームを
使用することができないので、非常に頭を悩ませたが、
乗算、通常、ソフトライト等々、それぞれの描画モード「のみ」の
psd(1フレーム毎にレイヤーを入れてる奴)をそれぞれ吐きす。
この際レイヤーモードは通常にしておくといいだろう。
で、それぞれ読み込んだpsdをコンポに入れて
そのコンポにTwixtorを適用するが、そのTwixtorを適用したコンポの
描画モードをそれぞれ乗算、通常、ソフトライト等にしていく。
Twixtorとコラップスは併用できないが描画モードとは併用できる。
そして更にそれらのコンポを包括するコンポを作り、
そこにコラップストランスフォームをかければ非常にわかりやすい。
別にまとめるためのコンポは作っても作らないでもいいけど
作った方が構造的にわかりやすくなるのでおすすめしたい。
非表示にもしやすいしね。

ただし、Twixtorを1つだけで済ませるところを
4つも5つもかけていくので、とにかく重くなる。
実戦投入はまだしていないが、恐らく自分の貧弱PCでは
プリレンダを使うことを前提と考えた方がいいだろう……。
まぁ便利な機能みたいだし、今回慣れるのもいいかもしれない。

あと、動くコンポジションに対してパペットワープをかける時。
パペットで動かすレイヤーを包括するコンポをパペットで動かしたい、
という場面は人によっては多くなるのではないだろうか。
自分なんて触手動かす時はそれでいこうと思ってるし。
今まで、パペットは「動かないもののみ」きれいにかけられる、
と思っていたし、適当にやったらメッシュが崩れて
とてもではないが実際に使うことはできなかった。

しかし、クローズパスのマスクをメッシュにできる、
ということを昨日知り、動く範囲すべてをメッシュとした
パペットワープを試したところ、破綻することなく動かせた。
なので、先の描画モードを保ったままのTwixtorの話と絡めて、
「『ヨダレ』を垂れらしながら動く舌」を含む「触手」を動かす、
ということも現実としてできそうな感じ。
ただし、構造はとにかく複雑でしかも重くなりそうだけど……。

あ^~PC新調したいけどお金全然ないし
Quadroも来年頭あたり次期バージョン来るんじゃないかとか
言われてて踏ん切りつかないしこれもうわかんねぇな……

ぬるぬる感

  • 2014/08/12(火) 22:44:55

あぶなかった、とりあえずパチュリーそのものの塗り上げは
こんなもんで手打ちだろうと思ったんだけど、
後々のことを考えてぬめぬめ感を追加していったら
エロ的な意味でのクオリティが天と地底ほど変わった笑

とりあえずバストアップ。


一応、疑問点というか、課題点が2つあり、
1つに、ハイライトはもう少し「ぬるい」方がいいか。
現状若干鋭いかもしれない。汗とか水で濡れてる感じよりは
ぬるぬるしてるけれど、超!粘液!という感じではない。
仮にもっと粘度を上げたハイライトを入れるならば
どういうハイライトをどこに入れなければいけないかの
リファレンスが必要になってくるが、どう探すか。

ただ、現状肌を伝っている液体(粘液)は
描きこんでないので、それを描きこんだら
ぐっとそれっぽくなるかもしれない。
個人的にはそれで解決できると楽なのでそうだと嬉しい笑

2つに、垂れる(肌を伝う)粘液をどう表現するか。
静止画であれば、粘液が糸引いてる感を出せばいい。
しかし、動画である場合どうするか。しかもループアニメ。
どうしても1つ1つのデュレーションを長くして、
1デュレーション、2・3ループにして
粘液のみ肌を伝う、糸を引きながら落ちる、垂れる、と
言った具合にやっていくしかないのかな?
多分その手のエロ表現はできたらすっげぇ楽しいんだろうけど
それに至るまでが試行錯誤の繰り返しでしんどいわい。

というか、動く粘液に関しては課題しかないと言っていい。
あちらを立てればこちらが立たずとかそういうレベルじゃない。
ただ、Twixtorで中割を作成した場合、中割の不透明度が下がり
中割(笑)状態になっていたのを打破できたのは大きい。
逆に言うと、不透明度でごまかしてくれないので、
破綻しないように細かい調整が必要になる。

あぁっぁあああああああ!!!!
全然わかんねぇえええ!!!!コラップストランスフォームで
何とかできるかと思ったけど全然わかんねぇじゃねぇかよおお!!!
KEN、どうにかしろ(唐突)


あ、ちなみに、触手は非表示にしてるだけで、
がっつり描きこんでるので最終的な仕上がりを見ると驚くかも。
ついでに、背景はほとんどリテイクにする可能性高。
やっぱりVPツールで置いただけではどうにも浮いてしまうので。

着色着色

  • 2014/08/11(月) 18:31:40

超チカレタ……
昨日丸一日かけてもぱちゅりーを塗りきれないって
どういうことなの……。一応ほとんどは終わったけど、
後ろ髪と帽子あたりが残っているという感じ。
ただ、一度仕上げてしまえば、今回の製作の塗りは
ほとんど網羅できると思うので、
悩む時間が減り、だいぶ楽にはなるだろう。
(原画的な意味では他にも研鑽するべきものは残るが。)

ここから、触手等、ぬめり等のエフェクト、を
仕上げていくのでまだまだかかりそうだな……。

しかし、ラスターデータで作品を作るし、
AEは勝手がわかるので、制作時間はどんどん
短縮できるだろうとタカをくくっていたけれど、
縮むどころかどんどん増えているんですがそれは……。
まぁこの20日間は試行錯誤やエンジンの再点火とか
色々あったから……、とは言っても、ちと不安が残るところ。


ちょっと技術的な話。
塗りの透明感ってずっと考えていたけど、光と影に対しての嘘を
ふんだんに盛り込んでいくとええということなのではないだろうか。
というかもっとスマートに言うと、色んなハイライトを入れて
覆い焼きをがっつり使えばオッケーだと思う笑
盗みたい絵を見ながら覆い焼き・焼き込み・発光で
ごり押ししていけば何だかんだまぁいいかなと……笑

ただ、原則1レイヤー1色で作っていくとレイヤー数が
とにかく増えてしまうのが難点。
普通のイラストを作るだけでもレイヤーがかさむが、
自分の場合、動かすパーツ毎にレイヤーを作る必要性があるため
2倍3倍どころか、という速度でレイヤーが増えてしまう。
.lipファイルが(psdファイルのCLIPSTUDIO版だと思いねぇ)
967MBとかどういうことなの……。それぐらいレイヤーが増える。
これ以上はもう手をつけてはいけないというパーツは
積極的に統合していかないと大変なことになるだろうし、
カレントレイヤーのみ表示をがっつり使う必要が有るだろう。
というか、もう使わないとブラシがスムーズに動かないレベル。

あとは、色々とブラシをカスタマイズして、ショートカットキーを
がっつり設定していかないといけないなとは思うけど、
使うブラシプリセットが多い分ショートカットキーに悩む。
左手用キーボードを持ってなかったら今頃は
すげぇめんどくさがりながら作業をしていたのだろうな……笑

戻ってきた!

  • 2014/08/10(日) 18:17:06

昨日から着色に本格的に入り、
エンジンがかかった時の感覚が一気に戻ってきた……!
やっぱり自分はどちらかというと原画よりも着色に向いてるのかな?
まぁどちらも自分で処理しないといけないので
それを決めたところでどうということはないんだけど笑

ラスターデータで編集ということで、どうなることかと
一時は思ったが、だいぶそれを活かした着色ができてるかな。
バストアップぐらいはアップしようかと思ったけど
髪の毛が全然塗れておらず、どうしてもロークオリティに
見えてしまうので、明日あたりあげようかな?
とは言ってもたたき台なんだしAEとか終わったら
すぐに公開する予定なんだけれども。
一応肌の塗りはある程度目星がついた、という感じ。

そう、エンジンがかかるとこんな感覚だったなぁ。
1日では全然作業をやり足りない、という感覚。
フルで活かしてもまだまだ作業やりたいな、
という感じ。こうなると後はひたすら維持するために
走りぬくだけだから精神的には色々と楽になる。

火急の案件は、髪の毛の塗りをどう処理していくか
リファレンスや講座を集めるということなので、
そこが早く済むといいなぁ笑 こういう状態のときは
がっつり色々なものを塗っていきたい、というのがあるし、
なにより、自分の進歩を感じられる時なので、
こういう時は絵を描くって楽しいなぁと思える。
まぁたたき台なんだし、今回のエッセンスを全てつぎ込み、
製作の技術的なところの全貌を全て掴む、
ぐらいの勢いでいきたいな。